フランチャイズに加盟するメリット

私は地域密着の喫茶店を経営してきましたが、近年は客足の減少に悩んでいました。大型ショッピングモール等が近くにできたことで、個人経営の喫茶店に人が来ることも少なくなったからです。個人経営に限界を感じていた私が取った手段が、大手喫茶い店のフランチャイズに加盟することで、知名度を得て新規のお客さんを獲得する手段でした。フランチャイズに加入するには、加入のための一時金が必要です。また仕事のやり方を覚えるために直営店に修行に行く必要がありました。個人経営をしてきた中では気づかなかった考え方を学ぶことができた点は、大きなメリットでした。またお客さんも知っている名前の店ならば、抵抗なく入店してくれるので、フランチャイズに加盟することで多くのお客さんを獲得できました。結果的に、メリットを多く享受できたと実感しています。

フランチャイズで開業するメリットとは

開業したいと考えた時、個人で行わなければならない事は沢山あります。しかし、大手企業の看板を背負って開業するフランチャイズでは、開業するに当たり様々なメリットがあり、とても人気がある開業方法です。まずフランチャイズでお店を出す最大のメリットとして、大手企業のネームバリューやイメージを利用する事で、始めから有利に開業できるという事です。またフランチャイズを展開させる専門のスタッフがおり、事業経験がなくても専門スタッフの指導によって事業を開始できるのも安心出来る点です。経営指導から援助まで受けられるので、ご自身は営業そのものにすべて力の注ぐ事が出来ます。広告や宣伝活動も個人で行うより断然効果のあるやり方で行ってくれます。しかし、オリジナリティーを出そうとする事はチェーンの統一性が優先されるので難しいと言えます。このようなデメリットも踏まえた上で考えてみてはいかがでしょうか。

フランチャイズのメリット

最近は、フランチャイズになってお店を出店すると言った事業方法がありますが、フランチャイズでお店を出店するメリットを知らない人も多いと思います。そこでメリットを紹介したいと思います。まずフランチャイズでお店を出店する時は、自分のお店を支援してくれる大元の会社があると思ったら正しいと思います。出店費用や人材雇用などの様々なことを支援してくれると言ったメリットがあります。もちろん大元の会社の人が売り上げが悪かったりした時に改善策を考えてくれたりもします。出店する側としては、様々な負担を軽減することができます。しかも自分のしたいようにお店を経営することができます。お店を出店したいと考えている人にとったら良い事しかないのではないかと思います。売り上げの一部を大元の会社に支払う契約になると思いますが、楽に出店させてもらった恩返しとでも考えれば、おいしい話だと思います。